リハビリテーション部門

目的別リハビリテーション


目的別リハビリテーション

 

目的別リハビリテーションとは、在宅または施設療養中に歩行や日常生活動作、摂食嚥下機能等に関する問題が発生した時点でそれ以上の状態悪化を防止し改善することを目的に短期集中的にリハビリテーションを提供する独自のシステムです。

歩行能力向上コース

利用者様がより良い生活を送るため、または介助者の介護負担の軽減のため、主に脚の筋力強化、体力、バランス能力の向上を基礎として歩行能力の改善を図ります。認定理学療法士(脳卒中)も関わります。

上肢機能回復コース

料理、洗濯、掃除などの毎日行う家事動作や、手先を使う細かい作業を中心に生活場面で必要となる腕・手・指の動きの能力の向上を図ります。また、骨折や脳血管障害等で動かしにくくなった筋肉に、必要に応じて電気刺激療法を併用してのリハビリを行います。

パーキンソン病コース

パーキンソン病に対して、専門的運動(LSVT-BIG、LSVT-LOUD)や動作指導を行ない、歩行や立ち上がり、方向転換などの動作緩慢さの改善や言葉の流暢性や声量の向上を図ります。主にLSVT研修を修了したリハビリスタッフが対応します。

コミュニケーションコース

家族や友達と楽しく話がしたい、その気持ちをサポートします。喋りにくい、なかなか言っていることが伝わらない等コミュニケーションに関わることに対して評価・リハビリを行います。また、ご家族に対してコミュニケーションの取り方などのアドバイスも必要に応じて行います。

呼吸コース

腹式呼吸や口すぼめ呼吸などの呼吸指導や胸郭の柔軟性の向上、有酸素運動、筋力強化などにより息苦しさの軽減・改善を図ります。主に呼吸療法認定士の資格を有したリハビリスタッフが対応します。

ADLコース

トイレ動作の中で問題点を明確にし、ズボンやパンツの上げ下ろし動作、清拭などの後始末の動作、便座から立ち座りや骨盤周囲の筋肉(骨盤底筋群)の強化による失禁予防を図ります。

フレイルコース

運動機会の減少や加齢に伴う、筋力・バランスの低下によって、日常生活に支障を来した方に対して、全身状態を改善するリハビリテーションを行います。 ※フレイル(虚弱):加齢に伴って生じる機能的な予備能力の低下により、健康障害や自立機能障害を来しやすい状態

摂食、嚥下機能向上コース

食事が飲み込みにくい、ムセが生じる等、嚥下面に問題がある際はより安全に楽しく食事が出来るようにリハビリを実施します。状態に応じて嚥下造影検査(VF)や嚥下内視鏡検査(VE)を実施します。検査結果をもとに患者・ご家族に対してお食事の内容や摂取方法について助言や指導を行います。

目的別リハビリテーションの流れ(図)

リハビリテーション部門の流れ

ボトックス治療

 

ボトックスは、ボツリヌス菌が作り出すボツリヌストキシンを有効成分として生成された薬です。 このボツリヌストキシンには筋肉を緊張させている神経の働きを抑える作用があります。 脳卒中の後遺症である手足の筋肉のつっぱり(痙縮)に対して、ボツリヌストキシンを注射することによって筋肉の緊張を和らげる治療です。 また、注射後のストレッチも行い、相乗効果を図ります。 効果の持続は3ヶ月から6ヶ月程度です。